本文へスキップ

リハビリテーションって何?分かる!リハビリテーション

様々なリハビリテーション

リハビリテーション 資格

分かる!リハビリテーションHEADLINE

様々なリハビリテーション


■医学的リハビリテーション
疾病によって直接的に起こった一次障害の治療,二次障害や合併症の予防と治療,機能障害や能力低下の回復・維持,および残存機能を最大限活用するための訓練など,医療分野で行うリハビリテーションをいいます。

<予防的リハビリテーション>
疾病の急性期治療の過程で起こる廃用症候群の予防
<回復的リハビリテーション>
疾病に直接的に起因する一次障害,廃用症候群をはじめとする二次障害の治療
<維持的リハビリテーション>
急性疾患では到達された機能的状態を維持すること,慢性疾患では現在の機能的状態をできるだけ永く維持することであり,その主眼は生活習慣によって起こる廃用症候群の予防です。高齢者の機能障害や能力低下では,加齢現象による機能の減衰,生活様式や習慣による廃用性の機能低下の二面からとらえる必要があります。維持的リハビリテーションでは,医療だけでなく,保健,福祉の社会資源をいかに利用するかが鍵になります。


■職業的リハビリテーション
職業訓練校、地域障害者職業センターなどでの就労を目的とするリハビリテーション。


■教育的リハビリテーション
早期療育をはじめ,教育上配慮が必要な児童・生徒に教育的な制度等を利用して,豊かな人格形成を目的とし,障害特性や発達段階に応じた教育がなされています。


■社会的リハビリテーション
本人の身体的状況やバリア(物理的、制度的、心理的)を解消して行くことにより社会復帰(参加)を目指すものです。医学的、職業的、教育的リハビリテーションの土台となります。


■リハビリテーション介護
全てを介護(世話をする)するのではなく、できることはできるだけ自分で行なってもらい、身体的リハビリテーションで練習している動作、行為をその内容を把握し、自立を促す介護をすることです。そして、介護をするときは心理的にも自立を促すようにサポートしていきます。(心理的リハビリテーション) 施設の場合、介護、看護職、医師とリハビリテーション専門職の連携と家族の情報交換。在宅の場合、家族と専門職の連携が不可欠です。





リハビリテーション仕事