本文へスキップ

福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員とは

リハビリテーション 資格

分かる!リハビリテーションHEADLINE

福祉用具専門相談員とは


的確な福祉用具をアドバイス

■資格内容

高齢者、障害者の相談にのる
福祉用具専門員は、介護が必要な高齢者や障害者に福祉用具をレンタルしたり、販売するときに的確なアドバイスする専門職。
 
利用者の症状、障害の度合いを見きわめ、また介護する側のニーズに合わせて福祉用具を選定し、正しい使い方をわかりやすく指導する。介護保険の対象となる福祉用具は、車いす、介護用ベッド、床ずれ防止用具、体位変換器、歩行器、歩行補助つえ、移動用リフトなど。これらの用具の販売・レンタルなどを行う場合は、各事業所ごとに2名以上の福祉用具専門相談員をおくことが義務づけられている(平成18年・改正介護保険法)。
 
この資格は厚生労働省がより多くの手話通訳士を育成するために問合せ先のセンターに委託した公的資格で、平成元年に設置された。最近では、資格手当が給与についたり、職員採用時の応募条件になったりと、資格取得者に特典が与えられるケースも徐々に増えてきている。


■取得方法

講習会に参加
都道府県知事が指定する講座を受講すると取得できる。


■試験概要
受講資格: 特に制限なし。
※ただし、介護福祉士、義肢装具士、保健師、看護師、理学療法士、作業療法士などの資格取得者は講習を受けなくても、要件を認められる。
講習内容: 老人保健福祉に関する基礎知識、介護と福祉用具に関する知識、関連領域に関する基礎知識、福祉用具の活用に関する実習。計40時間。


■問い合わせ先
都道府県福祉部





リハビリテーション仕事